« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月31日 (月)

一年の最後の日

Dscf4263

一日どんより雲。
今日も雪がちらつき、一段と寒い一日。

そして、
今日は一年の一番最後の日。
と言う事で、仕事も早めに切り上げて、
夕方、お店が閉まるギリギリに、買い物を済ませました。。。

簡単な夕食でしたが
ビールを少し飲んで、年末気分を味わいます。

気がつけば、
あっという間の一年。
今年はどんな一年だったのでしょうか。
振り返ってみると、
・・・・・
えっと。。。
過ぎたことはくよくよせず、
ま、明日からまた新しい一年を迎えたいと思います(^^)

そう、
新しい一年!
気持ちが切り替わります。
しっかり前を向いて、来年こそは、実りある一年でありたいと思のです。

このブログを御覧の皆の
ご多幸をお祈りします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月30日 (日)

さむ~いです

Dscf4250

  

外に出ると、いっきに身体が冷えてしまいます、   
さむ~い、一日。   
雪が少しちらつきました。   
そして、あられも少し。。。

    

あ~、とっても忙しいです。。。   
毎日、夜遅くまで仕事しているのですが、   
これが、また、思うように進みません。   
泣けてきます。。。

今年の仕事納めは、31日になりそうです。
そして、仕事始めは1月1日。。。   
って、休みないじゃん! 

え?   
大掃除って、何?   
年賀状?ハガキ何処にやったかな。   
そんな状態。。。   
新年を迎える準備、な~んにもしてません!(きっぱり)

そんなわけで、
このブログもかなりとび気味、
落ち着くまで、もうしばらく、お待ちください。。。  

苦し紛れに、   
久しぶりの、猫。

Dscf4103

かみさんのおひざの上で   
おなかをブラシしてもらっているテン。   

とっても気持ちいいのだ~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月27日 (木)

急げギン!

 

昨日は、
陶芸仲間の友人二人と我家で鍋パーティー♪

久しぶりだから、ちょっと贅沢を。
最近はビールと言っても第三のビールで我慢にしてるのですが、
今日は奮発して、発泡酒!
(って、その程度かい。。。)

鍋に入れる鶏肉も霧島産やでぇ~。
と、沢山買ってみるも、
よく考えると、我らみんな40代、
肉は、もうそんなに食べられない。。。

作品売れとる~?
と禁句のような言葉に、一同 下を向く。。。

・・・・・
ハッ!ハッ!ハッ!ハッ!ハッ!ハッ!ハッ!ハッ!ハッ!ハッ!!
笑い飛ばそう!

ま、とりあえず
たらふく食べて、飲んで、気分上々♪
来年はよい年でありますように!

 

今日は
とりあえず、仕事再開。
遊んだ分、取り返さなくては~。

と、工房で頑張っていると、訪問者あり・・・。
我家に陶芸をしに来ている町内のYさん。
おやつにどうぞと、作ったバナナケーキを持って来てくれました。

Dscf4214

ありがたいです~。
早速頂きました、Good taste!

 

そういえば、

まだ羽が生え変わりきらないギン。
最近は朝一番から自分で鶏小屋を抜け出し、 朝日を浴びます。
そして、一日中太陽光を浴び暖をとっています。
とっても寒そう・・・。

Dscf4202_1

天気まずまずのここ二、三日でしたが
大寒気団接近中!!特に広島地方注意が必要との事。
間に合うのか、ギン!!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年12月26日 (水)

こんなまいにち

Dscf4148

田舎の田んぼは、冬景色、
ゆっくりですが、寒くなってきました。

また、更新が4日もあいてしまいました。

22日土曜日は
結局雨で、青空市は開催できず。。。
23日日曜日は
手話関係のクリスマス会をはしごし。。。
24日月曜日は
電気窯の還元窯出し、久々の惨敗!ショックで寝込みました。。。
昨日はクリスマス、
我家は関係ない、っと。。。

ま、そんな感じで、
忙しいのか、落ち込んでいるのか、よく分からない日々。。。

でも、
昨年のクリスマスには
ケーキを作ってくれたかみさん。
今年は『ないよ~』と言っていたのですが、
卵の都合がついたようで。。。

Dscf4191

今年も烏骨鶏の卵6個使用の超豪華(?)ケーキを作ってくれました!
スポンジが少し硬かったなんて、もんくは言いません!
今年も食べられる幸せに感謝してます。
(すみません、いつまでも子どもで。。。)

 

クリスマスが過ぎれば
年末モード全開です。

やらなければいけないことは沢山あるのですが、
気ばっかりあせて、
思うように進みませんね~。

また、かみさんに怒られながら
ばたばたと、片付けなどするんだろうなぁ。。。

でも、本日は
友人陶芸家2人が我家に泊まって鍋パーティーの予定。
仕事する間がありません。。。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年12月21日 (金)

ち、ちからが。。。

Dscf4024

 

昨日の写真。   
三津口湾に浮かぶ、牡蠣いかだ。    
この12月は牡蠣屋さんの一番のかきいれどき、    
沢山売れるといいですね。

 

 

 

そんな昨日は   
私はカップの取っ手付け作業。

 

Dscf4052_1

 

以前は、この取っ手の付いたカップを作るのは嫌いでした。   
取っ手がお客さんの使用中に、    
ポロリととれてしまうのではないかと、ハラハラしていましたし、    
つけるのに大変時間がかかっていました。。。

 

最近は、つけるタイミングがだいぶ分かってきたようで、   
時々、取っ手をコンクリートにぶつけてする『へし折り試験(?)』でも    
接着面で取れることはなくなりました。

 

付ける時間も、取っ手を作ってカップに付け終わるまで、1個辺り5分くらい。   
以前はすったもんだしながら10分以上かかってたなぁ。。。

 

って、自分の腕の未熟さを暴露してどうする!   
と言われそうですが、    
ま、私はまだまだ発展途上、ご理解ください。。。

 

 

 

暖かかった昨日は、   
かみさん、玄関先で先日収穫したウコンをスライスしながら    
トリ達を見守ります。

 

Dscf4096

 

烏骨鶏もアロウカナも暖かさを満喫中。

 

そんな中、   
アロウカナのギンはこんな事に。。。

 

Dscf4051

 

羽の生え変わり中なのですが、   
なぜかこの子だけ、一気に抜け、一気に新しい羽が生えてきてます。    
とってもさむそう。。。

 

 

 

そして本日。

 

朝起きると、とっても動悸がします。   
ってか、心臓に力がない?って感じ。    
この1週間くらい、ちょっと張り切りすぎ?たのでしょうか。

 

それでも、ふらふらしながらも、いろいろ外出などし雑務を片付けます。   
明日からは少し、ペースを落とすし、気をつけることにしましょう。

 

でも、   
明日は安浦青空市の日。    
あ~、でも今、外は雨が降っている。    
果たして、開催できるのでしょうか。。。

 

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年12月18日 (火)

今日の記事の内容は・・・

Dscf4012

  

マンネリ化してますが、   
今日の夕焼けです。

昨日、今日も、仕事の追われる一日。   
朝から晩まで、いや夜中まで掛かってます。。。

それででも夕焼けの写真を撮るのを忘れないのは   
もう、習慣ですね。   
私もちょっとした息抜きになります。

  

日々、工房にこもり   
作業をしているので、話題はないのですが、   
近況など。。。

今は、ご飯茶碗、小鉢、片口小鉢などの、定番商品を作っています。   
工房内には石油ファンヒーターがあり、   
作品の乾燥が思った以上進み、削り、白化粧掛けに追われます。

たいぎい(注:広島弁 めんどくさい)と思えば、乾燥が進まないようにケースに入れ   
翌日に回せばよいのですが、それをしだすと、気は抜け、予定は遅れるばかり。。。

作成中のものは   
来年用のものばかりなので、気分も一新、気合も入ります。   
なので、少々無理しても、当日中に出来る事は、夜中なってでもやっている次第です。

Dscf4001

乾燥が進むのは、作品ばかりではありません。   
手荒がひどくなってきました。   
これから春まで、クリームが欠かせない季節となってきました。。。

ま、そんな感じです。   
って、本当に、内容が、ないよう。。。

 

おまけ。

  

Dscf4017

  

猫にすかれる、うちのかみさん。   
(足元の湯たんぽにはシマ、ひざの上にはテン)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年12月16日 (日)

タイムスリップ

Dscf3984

昨日の夕方、
道すがら見かけた光景、
真っ白になったススキが、輝いて見えました。

最近にしては珍しく、3日もあきました。
師走です、
仕事や、飲みに追われ
更新できませんでした。。。

3日前は
手話サークルから帰ってくると
ひとり飲んだくれてダウン。
(って、缶ビール1本なんですが。。。)

一昨日は
珍しく夜12時過ぎまで仕事。
(削りのタイミングによってこんなに遅くなる事も。。。)

昨日は
久しぶりに広島市内に出ての飲み会でした。
(あぁ、夜のネオンが目にしみる。。。)

その昨日は20年ぶりくらいにゴーゴー(?)しました。
場所は初めて行く、ケントス

Dscf3992

ホームページ見るまでは知りませんでしたが、
このケントスは日本全国あちこちにあるんですね。。。
60年代の曲を演奏します。
(私の一世代前の曲が中心です、私の青春は70年代後半から)

入場の時から雰囲気を盛り上げます。
『ようこそケントスへ、さぁ、ご案内いたします』
案内係の男性が、そう口上を述べ、
日常の世界から、非日常、60年代の世界へタイムスリップです。

お客さんも50代の方が中心で、
みなさん、60年代風な格好をされ、満喫しているようです。

そして、
30分くらいに一度、演奏タイム。
皆さん、ノリノリで踊ります。
私も一緒に行った仲間に連れられ、一応は踊りますが、
なんだか気恥ずかしい。。。

正直に言うと、
私はこういった虚構の世界は、あまり好きではないのです。
雰囲気は作っていても、裏にまわるとベニヤ板がむき出しの張りぼて。。。
踊らされている・・・、そう感じてしまいます。

でも、ゴメンなさい、
途中から不覚にも私もノリノリでした(^^;)
はい、楽しく踊ってしまいました。。。
なんだか、色んな物が発散できたような感じがします。
こういった物もありかな・・・、また誘ってね♪
(って、先ほどの自論はいったいなんだったのか。。。)

楽しかったのは良いのですが
家に帰ったのは午前1時半、はい午前様です。

それでも今日は6時ごろには起き出し、
用事を片付け、仕事。

Dscf3997

風邪も完治し、体調も上向き。

仕事もノリノリな感じ。
(昨日のケントスのおかげ?)
年末ギリギリまで頑張ると、来年からの仕事が楽になります。
頑張れ自分!

って、長き単なる日記に、
お付き合い頂き、ありがとうございました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年12月12日 (水)

雨の一日

Dscf3970

今日は一日、
雨降りでした。

写真は先ほど夜景モードで写したもの。
小雨が降り、かすむ山、
国道の照明の黄色が鮮やかです。

 

そんな本日は

我家で陶芸教室。
近所のご婦人が何時もの様にやってきます。

今日は釉薬掛け。

Dscf3975

陶芸の経験が浅い方は
どうもこの釉薬掛けが苦手の方が多いようで、
今日も大騒ぎしながら掛けていきます。。。
ま、それでも何とかできて一安心。

そして、
お一方は陶箱作り。

Dscf3973  

陶箱作りの鬼門は
乾燥のさせ方です。

ゆっくり全体を均一に乾かさないと、歪みます。
私は写真のようにプラケースに入れ、
蓋をしないまま、乾燥させます。

このように乾燥させれば空気の流れが起きにくいので、
一部だけ先に乾燥するということはなくなり、歪みは起きにくいです。

乾燥に時間はかかりますが、
かなりの確率でうまく行きます。
お試しあれ♪

そして、
教室終了後には、
『良いお年を、来年もよろしくお願いします』の挨拶。
もう、そういう季節なんですね。。。

 

今日の我家の風景。

Dscf3957

最近、登場の少ないうちのかみさん。
仕事が忙しいようです。
画面と図面をにらめっこしてます。。。
(手前の箱の中には、テン。スヤスヤお休み中)

かみさん、
画面に向かって、よくブツブツ『独り言』を言ってますが
本人は分かっているのでしょうかね?!

それでも
たまには息抜きを。

 Dscf3958
Dscf3961

仕事とする部屋においてある石油コンロ。
その上でサツマイモを蒸します~。

黄色いイモはベニアズマ、紫色のはパープルスイートロール。
私はベニアズマが美味しいと思いましたが、
かみさんはどちらも甘かったそうです。
味覚も人それそれ、
ですよね。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年12月11日 (火)

ひとりごと

Dscf3927

久々の散歩。
石垣をはっているツタの葉の色が
とっても鮮やかでした。

 

ひとりごと。

そう、私は『独り言』が多いらしいです(かみさん談)。
ま、自分でも多少自覚はしていますが。

『あんたぁ、さっき独り言を言いよったろう』
『へ? ぼくがぁ? 言うとらんよねぇ』

という会話しばしば。
でも、本当に本人は全く覚えていません。

『あんたの空耳じゃないんねぇ』
と私が返せば
『あんたこそ、違う世界と会話しよったんじゃないんねぇ』
と反撃を食らいます。。。

屁理屈の応酬は際限なく続き、
勝負はつきません。

って、どうみても私の方が不利なのですが。。。
多分、頭で思っていることが、
気付かないうちに口からそのまま出ているのでしょうが、
本人はしゃべっていると言う自覚がないですから。。。

人前で、
いらぬ本音がぽろりとでない事を祈るばかりです。
って、そこまでひどくはないと思うのですがね。
多分。。。

 

最近の作品から。

Dscf3944

少し細めの秋刀魚皿
焼〆風で、シブい感じ。

実は私としては、意に反した出来上がり。
素焼した板皿に白化粧泥をスプレー掛けし、
さらにその上からいつものマットな土灰透明釉をスプレー掛けしました。

還元焼成したのですが
白化粧泥が薄かったのでしょう、コゲコゲ。。。

Dscf3940

スプレー掛けをしたのでザラザラ感はひとしおです。

でも評判は意外と良いのです。
なので、ちゃんと販売しました(^^)
ま、こういうことはよくあります。。。

 

おまけ。

Dscf3935

作品の撮影を観察するシマ。
『何やってるの~』

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年12月10日 (月)

雑務な一日でした

Dscf3914

夕暮れ時の
安浦の港。

曇りがちな夕暮れでしたが
水辺に映る夕日が綺麗です。

 

今日は朝から忙しい一日。

午前中は
地元NPO法人で陶芸教室。

お題は、今日も悩んだ末、
『正月飾り』。

 Dscf3920

ま、みんないつも通り、自由に発想し、自由に作ります。

 

帰宅後は、
諏訪恵さんちで行われている『干支展』
ねずみ君の販売を押し付けに(^^;)

代わりにパソコンの調整をしておきました。
これで、『パソコンが壊れたの~』と
パソコンのせいにする事は、当分ないはず。。。

 

午後からは
歯医者さん。
今日で終わり。
やっと、窒息地獄から開放です♪

そして、
安浦青空市の看板設置。

今月は12月22日開催です。
お近くの方、よろしかったらおいでください♪

てな感じで、
雑務な一日。。。

仕事が全然進んでいないので
これから少しやりますかね。。。

 

おまけ。

今日のテン。

Dscf3915

猫が手(前足?)で
顔を隠して寝る姿は
なんとなく、人間ぽくって、面白いのだった。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月 8日 (土)

簿記のお勉強

Dscf3902

頭を使った一日
帰り際に見た夕焼け雲は
ことさら、私を癒してくれました。

って、まだ、4時過ぎなんですけどねぇ
日が沈むのが早くなりました。
ま、この辺りは山あいなので、特になのですが・・・。

 

そんな本日、
頭を使ったのは、簿記のお勉強。

Dscf3900

地元商工会が開催した、講習会に参加。
帳簿なんてよく分かりません。
仕訳帳?総勘定元帳?

それでも、
分かりやすく教えてもらい、
な~んとなく、雰囲気は分かりました。

ま、
帳簿をつけなければならないほど
儲かればいいんでがねぁ。。。

 

帰宅後、
絵付けと、釉薬掛け、窯詰め、
先ほどスイッチポン!
はい、電気窯君、今夜一晩頑張ってください。

最近は
近くが見づらくななってきています。
ねずみの目を黒く塗るのは、一苦労。

Dscf3908

そういえば、
今日の簿記の講習会の時も
黒板の字を見るときはめがねをかけ、
自分の机の上の本を見るとき、めがねを外したなぁ。
何度、それを繰り返したか。

なんだか、
トシを感じます!
(ヒシヒシ。。。)

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年12月 7日 (金)

若者よ、いい恋しているね

 

Dscf3871_1

冷たく肌に触れる
冬の空気。

寒いけど
流れる空を見ていると
なんだか気分は、雲の上。
太陽の光は暖かそうなのだ。

って、いつまでも見ていると
また、風邪がぶり返しそうなので
いい加減で、家の中に戻ります~。

 

そんな本日は
珍しく一人の若者が体験陶芸。
彼女へのクリスマスプレゼントに
マグカップを作りたいとか。

初めての電動ロクロなのに
なかなかどうして、
立派に挽きました。

Dscf3888

その気持ち、
通じるといいねぇ。

あ、責任重大!
ちゃんと焼き上げないとね。

 

昨日の
我家の風景。

春ウコンの収穫をするかみさん。

Dscf3846

掘り返す土に何かいないか、チェックする烏骨鶏のアオ。
作業が思うように進められません。。。

Dscf3858

最終的に、これだけの量を収穫。
スライスして乾燥、粉にするんだって。

カレーに入れたり、トリ達のえさにするのだとか。
私は、あの辛気臭い(?)風味、
あまり好みではないのですが。。。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月 6日 (木)

一番の寒さ

 

Dscf3836

今朝、
この冬(?)一番の寒さとなりました。

車は凍り、田んぼも霜が降りています。
この辺りの最低気温は1度だったそうですが、
我家の寝室の温度は5度でした。

ま、我家は
ひどい時には寝室の温度が1度まで下がるので、
まだまだ温い方です。

 

さて最近、
私がちまちまやっている作業は、
粘土の再生。

Dscf3839

写真向こう側、棚にあるのは
削りカスを、乾く前に、すぐにビニール袋にいれ、
水を足し、もんで置いたもの。

手前は
それを取り出して、
水分調整しているところ。

この作業、
すぐすればよいのに
水を足し、もんだ後棚に置いていたら、
いつの間にやら、大変たまってしまいました。。。

写真は、
それでもだいぶ処理し、減っているところです。
(昨日までは上の段の棚まで乗っていました。。。)

こうして再生した粘土は
完全に乾燥させて再生させた土より粘り気があり
すぐ使えます。
お試しあれ♪

 

最近の我家の猫たち。

Dscf3811Dscf0520

寒がりシマは、
日中は、かみさんの仕事机の下の湯たんぽの上でお昼ね。
テンはかみさんの仕事机の後ろ、箱の中でうたた寝。

いずれにしても
猫たちはかみさんがそば大好きのようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 5日 (水)

冬の夕暮れ、少し思うこと

 

Dscf3829_1

寒くなってきました。
めっきり冬めいてきました。

隙間の多い我家では
朝晩の寒さが身にしみます。

そういえば、
ようやく、家の前に見える山が
色付いてきました。

Dscf3824

というより、
葉っぱが枯れ始めている??
って感じですかね。。。

風邪も治り始めて
今日の午前中は、我家で陶芸教室。

Dscf3818

町内の二人のご婦人が来てます。

この陶芸教室は
正式なものではなく、
ま、このお二人の為に、臨時でやっているようなものです。

されど、
中々作品が売れないなか、
狭いわが工房でも、、小規模ながら正式に陶芸教室をしたほうが良いのかなぁ
と思うこの頃。

作品を作る時間は減るでしょうが、
低収入が、じゃなくて、定収入があるのはありがたいことです。
(って、生徒さんがくればの話ですが。。。^^;)

来年あたりから真剣に考えてみる事にします。

 

さて、
烏骨鶏のヒナ、『モモ』の近況。
(少し前に、かみさんが撮影した物です)

ヨーグルトを美味しそうに食べる大人たち。
でも、モモは大人たちが怖くて近寄れません。。。
振り向いて、モモに近づくナナミかあさんにオネダリします。

この後、
うちのかみさんがモモが食べられるように、
別の場所にヨーグルトを持っていったので
ようやく食べる事ができました。
良かったね♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年12月 4日 (火)

作品紹介(後処理編)

 

夫婦共々、
風邪ひき状態です。
今我家への訪問はデンジャラス、かも。。。

 

昨日に引き続き
手話の事をもう少しだけ。

手話の検定試験に合格したといっても
手話が出来ると言うものではありません。

手話は、
ろう者の手話が理解できて、初めて意味があります。
しかし、実際のろう者の手話は教科書通りではなく
簡略化され、スピードも速いです。
なかなか読み取れません。。。

ですから
手話上達のためには、ろう者のコミュニケーションをとるのが一番です。
しかし、私の場合、その機会が少ないのです。。。

そこで
私が最近活用しているのが、手話動画ブログ。
ろう者の生の手話を見ることが出来ます。

私はそれらの動画を見ても、半分も理解できませんが
ろう者の手話に慣れるのにいい勉強になります。

ま、このブログうを見ている方で
手話に興味ある方は少ないと思いますが、
よろしければ、どうぞ。

静岡県聴覚障害者情報センター動画ブログ
西讃ろうあ協会手話コラム

 

それはさておき。

今日の本題、
私の作品の後処理について。

今回はこの粉引のマグカップを例にとって。

 Dscf3817

当然の事ながら、底は擦ります。

Dscf3815 

特に私は砂入りの土を良く使うので、気を使います。
そして、
擦るのはそこだけではありません。

Dscf3813 Dscf3816_1
私の粉引作品は、
釉薬を薄掛けするうえ、還元をかけるので、焦げやすくなります。
そのコゲの部分は手触りがとてもざらざらします。

しかし
口の部分や取っ手の部分は、ざらざらのままでは使いづらいです。
なので、ペーパー掛けをして、滑らかにします。

釉薬の上からペーパー掛け??
と思われる方もいるかもしれませんが、
元々マットな釉薬をかけ、しかもコゲの部分はほとんど艶はありません。
ペーパー掛けによる、キズはほとんど見えません。

そして最後に
液体セラミックを塗り、防水処理をします。

Dscf3814

粉引作品は水がしみこみやすいです。
それが粉引作品の味わいを作っていくと、言われていますが、
私はそうは思いません。

水がしみこむと色が変わり、
見た目の感じが変わってきます。
お店で買った時の色合いで使いたいとは思いませんか?

それに水がしみこむということは
カビやすくもあります。

私の粉引作品は
マットな土灰透明釉を使っているので
しみにくいのですが、完全ではありません。

御本手(ピンク色の丸い点)がでるという事は、ピンホールがあるという事。
そこから水がしみこみます。

だから
液体セラミックを塗り、しみこまないようにします。

この液体セラミックは
シリコンとは違い、人体に無害です。
耐熱性もある(700度でも大丈夫)ので、レンジに掛けたくらいでは、劣化しません。

 

私は
普段使いの器を作っています。
極力使っていただきたいと思うので、
使いやすさを考えています。

ですから、焼きあがっただけでは、補えない部分は
こうして加工しています。
本当は、そうしなくてもいいように作ればよいのですが、
なかなか。。。

ま、その辺りは今後の課題です。
ご理解いただければと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年12月 3日 (月)

手話技能検定試験結果通知来る

Dscf3804

今日の夕焼け雲。
すみません、シャッターチャンスがこの場所しかなかったので、
いろんな余分な物が写ってますが。。。

さて、
最近郵便屋さんが来ると
そわそわポストを見るのが習慣となっていました。

ま、理由はタイトルを見ればお分かりでしょうが
そう、手話技能検定試験の結果通知、
いまか、いまかと待っていたのです。

本日、
届きました。

Dscf3807

ドキドキ物です。
自信がないだけに、合否がどうなっているか
ひじょ~に気になります。

で、
早速開封、結果通知書は

Dscf3808

って、これじゃよくわからない。。。
拡大してみました。

Dscf3809

おぉぉぉお~
合格しとる!
しかも90点という予想外の高得点!!

先週から風邪で寝込んで以来、
気分も凹み気味で、仕事も手につかず、
正直、うつ状態。。。

それでもと
今日からリハビリ代わりに
ねずみ君を作り出したのですが、
弾みがつきました♪

風邪の状態は
まだまだ良くないのですが、
なんだか、頑張れそうです♪
(単純~~)

って、
もしこれで不合格だったら、
もっと『うつ』になっていたんだろうねぇ。。。
こわ~。

とりあえず
報告でした。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2007年12月 2日 (日)

今日も作品紹介(粉引片口小鉢)

Dscf3798

12月2日、午後4時26分の夕暮れ。
この辺りは山に囲まれているので、
太陽も早めに、山向うに隠れてしまいます。。。

あれだけ牡蠣を堪能したので、
風邪は完治したと、言いたかったのですが。。。
外出したり、『体力作りじゃ~』と散歩などするものだから、
逆に、ぶり返す始末。
バカでございます。。。

 

そんなわけで、
本日も、作品紹介などしてみます。

Dscf3081

ま、このブログではおなじみですが、
粉引片口小鉢です。

最近の私の作品は、
前回紹介した、粉引中鉢のように
白化粧をかすれさせた物が多いのですが、
この小鉢にはそういった事はしていません。

見ての通り、
このフォルムが十分個性を発揮しています。
これ以上の装飾は必要ないのです。

これだけ大きな口の片口はあまり無いのでは
と自負しているのですが。。。

Dscf3086

この粉引小鉢も、高台周りは白化粧してありません。
素地の雰囲気も見れて良いかと思います。
ま、現実的には、ここの白化粧をしないようにすると、
作業は非常に楽だったりするのです♪

Dscf3084Dscf3085

質感は
少し、ざらざらした感じがあります。

粘土に砂が入っていますが、
マットな土灰(どばい)透明釉を薄く掛けてあるので
土肌の感触がじかに伝わってきます。

片口は
昔は汁つぎとして主に使われてきましたが、
この頃は普通の小鉢として使われることが多くなりました。

いつものおかずが
いつもと違う、変化のある器に乗せられると、
美味しく見えるのは間違いない事でしょう。
(はい、少々営業トークも入ってます♪)

 

って、褒めすぎ?
ま、私の一番お気に入りの器だけに
説明にも力が入りました♪

 

ホント、
早く風邪完治させなくちゃ~。

では。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年12月 1日 (土)

見た目も大事

先日のイベントの時
見に来ていた友人が言いました。

『丸本さん、オーラがないよねぇ』

それを聞いた私、
『そ~なんよぉ、自分でも思う!』
と、妙に納得。

それには理由があります。
町に出て、お店のウインドウに映った自分の姿を見ると
妙にしょぼくれて見えるのです。。。

着ている服も   
友人などにもらった物を有り合わせで着ていることが多く、
センスなど微塵もないのです。

若い頃は
周りの目、特に若い女性の目を気にしていたので
それなりに意識していたのですがねぇ。
(センスが良かったかどうかは、別として。。。)

イベントなどで直接売る場合、
我々作者は、お客様の目にさらされます。
作者に好感を持っていただければ、作品を買っていただけることも
あるやも知れません。

見えた目は
やっぱり重要なのです。
先ほどの友人も
『服装も、それらしくした方がいいよ』といいます。

まさにその通り!!

陶芸家というと、
作務衣ですか?
ん~、それはあまりにもベタ。。。
大体、そんなもの着る事ありません、
ってか、持ってないし。。。

重要なのは、
清潔感と、さわやかさではないでしょうか。
高級品や、ブランド物なんかは、身に付ける必要はありません。
安物を着ていても、トータル的にその人の『雰囲気』がでていれば
いいと思うのです。

そんな事を考えながら、
この秋のイベントで、少しだけ暖かくなったお財布の紐を緩め、
久しぶりに、服を買ったりしました。

ま、
見た目は、そんな感じで、
今後も気をつけるにしても、
根本的な問題はオーラのなさ。。。

このオーラ、そう簡単に出るものではありません。
自信にみなぎらないと、なかなかねぇ。

作る作品が、バンバン売れ、
それだけで十分生活できるようになれば、
自信も出てきて、オーラもみなぎってくるのでしょうが。。。

いつの事になるなるやら。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »