« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月31日 (水)

陶三人展 終了しました

陶三人展、
無事本日終了いたしました。

最終日も多くのお客さまに来て頂き、
本当にビックリです。

お客様の中には
こんな方たちも。

Dscf3003

近くの工業高校の女生徒さんたち。
授業の一環で、先生と一緒に見学に来られました。
私たちもいろいろ質問され、ドギマギしながら答えます。

私は、こういったものを生徒に見せ、体験させる先生が
とってもイキだと思いました♪

 

そして、
もうひとり、楽しみしていたお客さんも。
私の数少ない、ろう者の知り合い。

今はいろんな ろう者の方と手話でコミュニケーション
取ってみたかったので、楽しみにしていたのです。

思いのほか、私の手話も通じたし、
久しぶりに元気な顔が見れてよかったです。

Dscf3016

来月には、お母さんになられます。
元気な赤ちゃんを産んでくださいね。

 

そんなこんなで
楽しかった陶三人展も終りました。

Dscf3025 Dscf3026

片づけがほぼ終った鶏肋堂は、
いつもの静かな空間に戻ります。

また来年ここで展示会が出来る事を願いながら
帰りました。

 

ご来場の皆様、
鶏肋堂の皆様、
出展者の仲間たち、
ありがとうございました。
本当に本当に楽しい1週間でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年10月30日 (火)

陶三人展6日目

Dscf2982

陶三人展、
6日目の夕暮れです。

『今日はもう、お客さん、来んかもねぇ』
などと、朝、出展者同士、話しておりましたが、
中々どうして、朝から盛況でした。

Dscf29512

本当に、ありがたいことです。

しかし、
ま、1日中お客様でいっぱいと言うわけではありません。
波があります。

お客様が引き、静まりかえる事も。
そんな時は、のんびりお茶をしますが、
時には、カメラを持ち出します。

そして、それぞれ、ブログやホームページ用の
写真を撮るのです。

Dscf2958 Dscf2965 Dscf2973_1

対象は、作品や風景にとどまりません。

Dscf2968

書き物をする諏訪恵さんを写す岩屋工房さん、
を写す土の器工房。。。

また、こんな馬鹿な事をして、遊んだり。。。

Dscf2970_1

ま、
和気あいあい、楽しんでいます。

残すは明日1日。
楽しかった陶三人展もこれでおしまいです。

お近くで
まだ、おいでになっていたい方、
あるいは、行ったけど、もう一度いってみたいと思っている方、
明日が最後です。

お待ちしております♪

 

最後に
今日のトリ。

Dscf2948

寄り添う2羽、
カメラが気になります。。。

 
 

そして、
もうひとつ。

実は
2ヶ月近く闘病していた烏骨鶏のソックスが
昨日死にました。

その事は書くのはよそうと思っていました。

しかし、うちのかみさんは
『ソックスの死を無視した!!』と
私を攻めます。。。

『家族』の死は何度か書いてきましたが
やはり、辛うございます。
それを文字にする私は、その時の感情を繰り返すわけで
余計辛いのです。
もう、書きたくないのです。

理解のほど、よろしくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月28日 (日)

のどかな日曜日

Dscf2942

鶏肋堂の入口には不思議な物がぶら下っています。
サビサビの鉄のベル。
来られたお客さんは、何気なく当たって
『カランコロン』という音にビックリされます。。。
全く持って、不思議ワールドです。

朝からポカポカ陽気

朝、目の前の川では、
散歩途中の方が、カモに餌をあげていました。

Dscf2934

今日はのどかな日曜日、
午前中はのんびりしてましたが、
午後からお客さんが来られ、少し賑やかに。
癒しワールド、鶏肋堂は、来る人皆を心穏やかにしてくれます。

 

さて、
烏骨鶏、モコの卵は
結局2個目は孵りませんでした。。。
ま、仕方ないですね、モモが生まれただけでも幸せです。

おまけ。
今日の我家の鶏小屋。

トリ達の様子、ほんの少しですが
御覧ください。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年10月27日 (土)

陶三人展3日目

Dscf2918

本日は
陶三人展3日目
ポカポカ陽気

窓からの景色も、のどか。
(ポップな一輪挿しは、岩屋工房さん作)

正直な話、
思ったよりも、お客さんが多いです。
ここ3日ほど、にぎやかでした。
お越しの方、本当にありがとうございます♪

で、
本日は
ブログお友達の『たま』さん
わざわざ、四国よりおいでになりました。
お土産に、たまさん作ののビーズストラップ、頂きました。
早速、愛用のデジカメに取り付ける事に。

Dscf0433

横のお家の置物も、たまさんが作ったものです。

展示会を一緒にしている諏訪恵さんが2個頂いた物ですが
はい、1個横取りしました(^^;)
こんなインテリア、いいですね、私も作ってみようかしらん。
たまさん、ありがとうございました~。

 

ま、
他には
話題はないのですが、

展示会の帰り道、車の運転中、
見つけたもの。

Dscf2923

前を行く車、
リアウインドウの左側のフレームがへこんでいます。
(矢印参照)
その下に、なにやら文字が。。。

拡大してみると。

Dscf2926

はい、
ただ、それだけです。。。

では、おやすみなさい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年10月25日 (木)

烏骨鶏 その後

Dscf2886

さわやかな朝焼けです。
写真は今朝6時ごろの景色ですが、
私は午前3時に起きてお仕事。。。

昨夜から稼働中の電気窯の還元操作をします。

Dscf2874_2 Dscf2870_2

未明の静寂の中、聞こえてくるのは
窯の制御装置を冷却するファンの音と、還元ガスバーナーの燃焼音。
そして暗闇に、還元燃焼ガスの炎が、怪しく揺らめきます。
どうか、うまく焼けていますように。

そんな寝不足の朝は、
なぜか、いつもイベントが始まります。

Dscf2898_1

今日は鶏肋堂、陶三人展の初日でした。
初日と言う事もあり、沢山の方がお出でになりました。
誠に、ありがとうございました。

 
 

さて、
本日の本題。

あの事件からちょうど1ヶ月が経ちました。

怪我をした烏骨鶏はどうなったのか、
皆さんにご心配をおかけしています。

怪我をした2羽のうち『ミミ』は
最初食欲がなく、心配していましたが、
順調に快復し、なんと、最近では、また卵を産み始めました。

Dscf2832

後は、首の後ろと、左肩の毛が生え揃うのを待つばかりだね。

 

もう1羽は『モコ』。
烏骨鶏集団の雌の順位で第1位、強かったのですが
傷が深かったようです。
怪我をして4日目の未明、
かみさんの手の中で息絶えました。

悲しみに暮れるかみさん、
翌日、土の中に帰っていきました。

 

しかし、
そこで話は終らないのです。

母の思いは深かったのです。
モコが産んだ卵2個が我家に残っていました。
死ぬ1週間くらい前に産んだ卵なのですが、
なんと、かみさんんは人工孵化を始めたのです。

そう、他のどの烏骨鶏の卵ではなく、
死んだモコの子どもが欲しかったのです。

Dscf2904_1

発泡スチロールの中に電気アンカと温度計をいれ、温めます。
人工孵化は2回目なので、手馴れたものです。
以前みたいに神経質にならず、管理をします。

途中からは卵を抱く体制に入った烏骨鶏に卵を抱かせます。

そして、一昨日が温め始めて21日目、孵化予定日なのですが、
温めているトリの下からは、ひよこの鳴き声が全く聞こえないのです。。。
ダメだったんかねぇ、そんな会話をしました。

でも、昨日、
かすかな『ピヨピヨ』という鳴き声が・・・!

そして、そして、本日!!
1羽、孵化していました~~~!!!

Dscf2900

母の深い思いは、通じました!!!!
モコの子どもが生まれたのです。

ちょっと、感動です。。。

もうひとつの卵はどうなのか分かりませんが、
もう少し様子を見ます。

怪我をしたトリの状況の報告を今日まで延ばした理由は
これを待っていたからなのです。

少しでも良い報告が出来ればと、
思っていたので、ちょっと一安心。

後は生まれたひよこが雌である事を祈るばかりなのですが。。。

ちなみに名前は死んだ烏骨鶏の名前、
『モコ』の最初の文字をとって『モモ』。
2個目が孵れば、そのこは『モコ』の2番目の文字をとって
『ココ』の予定。

もうひとつの卵、
ちゃんとかえってくれると嬉しいな。


| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年10月24日 (水)

明日から 癒しワールド(けいろくどう) です

Dscf2829

気がつけば、秋深し。。。
って、今頃何言っている!!
と言われそうですが、皆様、いかがお過ごしですか?

私は只今、大風邪ひいています。。。
この頃の日中と朝晩の気温差に、やられました。
トシです、なかなか治りません。

あ、写真は数日前の夕暮れです、念のため。


 

でも、
そんなこんなしている間に、
明日から癒しワールドの鶏肋堂で『陶三人展』が始まります。
もうろうとする意識をひっぱたいて、今日は搬入展示。

Dscf2856 Dscf2845_1

Dscf2858_1 Dscf2863 Dscf2860

呉が創ったアートたち展』の一環として行う、
陶芸、三人展です。
それぞれ個性のある作品ばかりです。
ま、私の作品が一番地味なのは、一目瞭然なのですが。。。

お近くの方、
また、ご興味のある方、
遠方はるばる、お見えになられても、かまいませんよ。
お待ちしております~。


呉が創ったアートたち展
鶏肋堂会場 『陶三人展』 

10月25日(木)~31日(水)
午前11時~午後4時まで。
呉市広古新開8-13-10 鶏肋堂。
0823-73-9565

地図は呉が作ったアートたち展ホームページでご確認を。
分からない方は現地鶏肋堂にお電話ください。

 
 

復帰、第一稿目はこれにて、ご勘弁を。

ぐっすり眠って、風邪を治したいのですが、
只今電気窯、稼働中。
明日は朝4時から還元開始予定、
つ、つらい。。。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年10月 7日 (日)

金木犀

Dscf2542

昨日より、
我家の庭に1本だけある金木犀が香りだしました。

我家の金木犀はなぜか香る期間が短く
気を抜いていると
その香りを感じる事無く、花が終ってしまう年も。。。

それが不満なのか、
かみさんは『この金木犀、切っちゃる!』と、
のたまってます。

うちのかみさんは、実のならない木は嫌いなようで、
我家の畑にあった、紫もくれん、くちなしはことごとく切られました。
そのうちこの金木犀もなくなるのかなぁ。。。

 

そんな昨日は
植木鉢、先発50個は素焼し、
残りも今日午前中に削りを終了。

Dscf2540 Dscf2549

峠を越えたようです。

午後は
『呉が創ったアートたち展』、呉ポートピア・シンボルドーム会場へ。
本日は午後8時まで営業。
少し、夜の雰囲気を楽しみました。

Dscf2543 Dscf2545 Dscf2547

 

さて明日から
今月下旬の『呉が創ったアートたち展』、私のメイン会場となる
鶏肋堂会場用の作品作りに励みます!
って、これからかい!!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年10月 5日 (金)

どっちにしよう。。。

今日も一日作成の日。
今は、小さめの植木鉢を作っています。
100個ほど、作らなければならないもので。。。

しかし途中で、土が足らなくなり、
西条まで、買いに行きます。

Dscf2517

西条陶業さん。
賀茂台地は良質の粘土が出ます。
西条陶業さんはここの裏の山を掘り、粘土を精製し、販売しています。
私は扱いやすい、ここの土が大好きです。

ちなみに
ここ賀茂台地は
私が住んでいる海沿いより、かなり空が近い感じ。

Dscf2518

雲が間近に感じます。

 

所で
今日の窯出し。

若者向け、ご飯茶碗。
うまく焼けたようです♪

Dscf2523 Dscf2528

白と黒。
シルエットをシャープにし、器の腰から、高台へのラインを滑らかにしました。
姪っ子の結婚プレゼントに作った夫婦茶碗、
白と黒、どっちにしようかな。
無難に白か、それとも流行の黒か。。。
なやむなぁ。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年10月 4日 (木)

ま、そんなもんです。。。

暑い暑いと言いながらも、
気温的には30度を下回るようになりました。
時々涼しい風が工房を吹き抜け、
作業も楽になりました。

昨日は、窯出し、即、窯づめ。

出てきたのは、もみじ。
でも、今回は少しびみょ~。。。

Dscf2513

釉薬の濃度が少し濃かったようで、
その上、還元が少し薄かったようです。
私が大好きな、泥臭いほどの土味は出ませんでした。
ま、いいですけんどね。
でも、なんだか物足りない。。。

明日は若者向けご飯茶碗の窯出しです。
なんだか、不安~。

 

さて、本日は
手話サークルの日。

今日は沢山ロクロ作業をしたので、疲れていたのですが、
気分転換です。

今月28日の手話祭にむけての出し物の練習です。

Dscf2510

写真は、
アニメ『忍たま乱太朗』エンディングテーマ、
『世界がひとつになるまで』の手話ソングの練習風景です。
だいぶ練習したので、覚えたのですがねぇ~。
この手話祭のときは、ちょうど、展示会なもので参加できません、
残念。。。

最近気がついたのですが、
私は手話を始めて、なんと、2年近くたっていたんですね~。
ほとんど身についていない自分に愕然としてしまいましたが(^^;)

ところで
私が手話を始めたきっかけはというと、
あらかたの理由はだいぶ以前の記事に書きましたが
それ意外に、昔のある記憶があるからです。

それは私が会社勤めをしていたときの事。
仕事柄、とある自治体の図書館に出入りしていました。

そこの職員さんとは冗談を言うくらい親しくしていたのですが、
ある日のこと、その職員さんが窓口でろう者の方と
手話で会話している姿を目撃したのです。

普段はそんな事、おくびにも出さないのに、
必要な時にササッと手話が出来るなんて・・・
カッコイイ!!と思ってしまったのです。

自分もそんな風になれたらなぁと心密かに憧れていたのです~。
それがあるから、手話サークルの誘いにも乗ったのです。。。

なんです?
何だそんな浅はかな理由かって?
もっと、深くて感動的な理由があるかと思ってました?
す、すみません。
ま、こんなもんです、私の考えることは(^^;)

さてさて、しかし、
その憧れに近づける日はくるのでしょうかね。。。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年10月 2日 (火)

最近は・・・

Dscf2473_2

しばらく、散歩をサボっていたら、
あちらこちらでコスモスが
満開とあいまってました。。。

暑い暑いと言っていても
季節は着実に、進んでいるようです。

昨日より
呉が創ったアートたち展』、
呉ポートピア・シンボルドーム会場が始まりました。

Dscf2454

Dscf2434Dscf2444Dscf2438_3

Dscf2451_1_2 Dscf2436Dscf2446

他にも沢山、出展されています、
お近くの方、行ってみてください~。

その昨日は、
夕方、呉ポートピアから帰宅後、
釉薬掛け、窯づめ、電気窯スイッチ、ポン!

Dscf2464

『もみじカップ』は、着々量産中。
続いて、『もみじお皿』も作ってみます。

で、
本日。
5時起床、電気窯の還元をかけます。
ね、眠い。。。

Dscf2468 Dscf2470

焼成が終わった電気窯は放熱を開始します。
その熱を利用して、一昨日ほとんど徹夜で削った作品を乾燥させます。
只今、若者向け(?)のスタイリッシュなご飯茶碗を作成中。

で、夕方には灯油窯でこれらを素焼。
あ、窯の中には陶芸教室のふくろうも見えます。

と、いうわけで、
只今当工房はフル稼働中~。
ブログ更新、間隔があくかも知れません、ご了承ください♪

最後に
彼岸花。

はざ掛けされた稲とコラボです(^^)

Dscf2501

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »