« 本日も雨 | トップページ | 梅雨空のひまわり »

2007年7月 5日 (木)

とある陶芸家の話

今日は
スッキリした天気ではないですが、
心地よい風が吹き、ちょっと涼しい一日。

昨日は、
沖縄旅行のことを少し書きました。
それにちなんでではないのですが、
先日、沖縄の陶芸家を紹介したテレビ番組をたまたま目にしました。

國吉清尚(くによしせいしょう)』
沖縄にこだわり、沖縄にあるものだけを使い、作品を表現した作家。
ひとつの表現が完成すると、それをすて、
また新しいものを求め、前進し続ける陶芸家。

奇抜な物を好み、頭をモヒカン刈りにしたりした。
そして、1999年、『世紀末の卵シリーズ』という新しい表現の個展をした2ヵ月後、
工房で灯油をかぶり、焼身自殺をする。
享年55歳。

すさまじい人生です。
見ながら、鳥肌が立ってきました。。。
私とは全く違う世界の人です。
『芸術家』と言う言葉がふさわしい人だと思いました。

私は『やきもの屋』です。
芸術を扱っていると言う気持ちは持っていません。
しかしながら、
私は私なりの表現を器にしているつもりです。
自分が作りたいと思う物意外は、本当は作りたくないと思ってます。

芸術家ではないけれど、
自分がいいと思った物を作って行きたい、
『小さな自己表現者』でありたいと
密かに願ってはいるのですが。。。

 
 

今日の我家のひとコマ。

Dscf0178

かみさんの布団で寝ているシマ。
まるで赤ちゃんのよう。

|

« 本日も雨 | トップページ | 梅雨空のひまわり »

コメント

ゲージュツ家さんはねぇ~

そういえば、ウチの嫁はん。
美形じゃなく美系の学校をでているそうな。
学校には変な人がイッパイいたそうな。
ウチの嫁も・・・・ノーコメントです。

投稿: 独裸絵悶 | 2007年7月 6日 (金) 06時47分

悩んでますか~?
私、丸さんの作品好きですよ~
私の事をソロソロ解って下さっていれば…
私がお世辞を言わないのも、解って下さっているハズ…(?)
何が何処が好きなの?っと言われれば
素朴な透明感です(アハハハハハ)
手にした訳ではないので申し訳ないですが…
自然の息吹みたいな物を感じます
芸術家っと呼ばれる方々の荒々しい感性とは違い
自然の脈動が感じられる作品だな~っと思っています
50半ばで焼身自殺をはかる「炎」のような雰囲気とは袂を分かつ
「清流」の様な水の雰囲気を感じます
ごめんなさいね~訳知り顔で書いてしまい恥ずかしいです
水も時には人の命を奪うほどに荒れるもの…
きっと続けていれば自分の本流が見えてくると思いますよ~
小さな一ファンより

投稿: 満天 | 2007年7月 6日 (金) 15時42分

昔から「死んで花実が咲くものか」って言いますね。
どんな立派な芸術家でも自らの命を絶ってしまうのは、私流に言わせれば「大した人じゃないなあ」。

勿論、芸術家って、自分の歩く道に迷い迷って、八方塞がりな気分になってしまうことも往々にしてあると思いますけど、でも、自分の命を自分で絶つのは極端に言えば卑怯とさえ思いますね。
自ら死んじゃったら、花実は咲かないですよ。その人の過去が如何に立派でも。

自分も満天さんと同じで、陶芸家としての丸本上人に対しては「ファン」だと思ってます。
上人の作るものって、無機質な焼き物の筈なのに、体温があるように思えるんですよ。そう云う「焼き物」に、今まで他に出会ったことがありません。そこが絶対的な上人の焼き物の良さ。
良さと言うより、心の温もりが焼き物にまで伝わってる気がしてならないんです。

あ、あの写真、可愛~い。え? シマちゃんじゃなくて、もう一人の……(バキッ ←おさかなが上人に殴られた音)

㈱おさかなカンパニーグループ・有限会社 俺の女房に手を出すな企画

投稿: おさかな | 2007年7月 6日 (金) 22時00分

>独裸絵悶さんへ

芸術家に限らず、
こういう道で生きている人間は、フツーではないです。。。
はい、私もちょっと、フツーでないと自己認識してます(^^;)

丸本雅明

投稿: 独裸絵悶さんへ | 2007年7月 8日 (日) 22時01分

>満天さんへ

悩んでいる?私が?
否定はしません(^^;)
でも、この記事にはそんな気持ちは出していないはずなのですが、
にじみ出てますか。。。
ま、でも私のこと、よく理解していただいていますね、嬉しいです。
清流と言うのは褒めすぎですが、
コテコテ飾るのは苦手、シンプルでありたい、自然の一部でありたい、って所です。

そうですね、
自分を信じて、本流を見つけるまで、頑張ります♪

丸本雅明

投稿: 満天さんへ | 2007年7月 8日 (日) 22時21分

>おさかなさんへ

あ、別に私も自殺は肯定しませんが、
そこまでのめり込むこと自体に、すごさを感じるわけで、
自分はそこまで必死になれないと思っただけだよ~。

作風的には、今のつくり、自分でも気に入ってるんだけどね。
この先、そんなには変わらないとは思うけど。。。
売れなくて、生きていけなくなったら、わかんないけどね(^^;)
ま、何とかなるさ~

丸本雅明

投稿: おさかなさんへ | 2007年7月 8日 (日) 22時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137890/15665724

この記事へのトラックバック一覧です: とある陶芸家の話:

« 本日も雨 | トップページ | 梅雨空のひまわり »