« 商いは難し。 | トップページ | もう、咲きました »

2007年1月30日 (火)

期待と現実、そしてその分析

久しぶりに穏やかな一日、
さすがに昨日までの疲労が出てます。
異常に眠い。。。

さて、
本日は、ひろしま夢プラザで行われた
『ルート185 ~ 芸南路 ふるさとフェア ~』の撤収でした。
額は少ないのですが、
思ったよりも売れていました♪

そんな中、
ひとつの不満が・・・。

それは
少しは売れるかなと期待していた、白い器。

Dscf3312

足付の四方皿と楕円の中鉢。
夢プラザのイベントでも、そごう呉店での物産展でも
『ひとつ』も売れませんでした。

 

なぜなんでしょうね~。
自分なりの分析。

1.デザイン的問題。(ダサイ、購入意欲が湧かない。。。)
2.偶然的問題。(たまたま、買いたい人に出会えなかった)
3.地域的問題。(もっと都会に出ろ?)
4.価格的問題。(値段が高い)
5.食器棚的問題。(もう、食器棚に入らない、入れにくいデザイン)
6.気持的問題。(気にするな、その内売れる)

さて、この中では、どれでしょう。
作品にそれなりに自信を持っている私は
2番だと思いたい。
後は、ま、6番だな♪

価格について。
ぶっちゃけ、四方皿は税込1,050円、楕円中鉢2,100円。
安いと思うんですがねぇ。
特に楕円中鉢は大特価です。
(デザインの細かい変更による、処分価格です~)

でもなぁ、5番も結構、重要な問題だったりするような気もしますが。。。

 

そんな中、
イノシシ君は健闘してくれました。

Dscf3314

自信がなくて、沢山作らなかったのですが、
思ったより好評でした。
もっと、作ればよかった。。。


|

« 商いは難し。 | トップページ | もう、咲きました »

コメント

数少ない情報で分析すると・・・

4番・・ダイソーとかで100円で食器って人が多いです。
ですので。。
5番を気にする人は・・ダイソーとかの安物に走ります。

ですので。。少し高めの食器ですので・・
私の意見は・・
3番・・都会であれば受け入れられたかもしれませんね。
田舎(ゴメンナサイ)の高級感って・・ありますからね。

でも。。。やっぱり6番ですね。


それと。。。差し出がましいようですが・・・
展示(並べ方)にも。。。展示品が多いような気がします。
作者がいる、本物の陶芸作品です。
なかなか、普通の人は陶芸作品を購入しませんよ。
ですので・・私にも買える陶芸作品の演出を・・
展示は量を少なく、閲覧者に飢餓感を持たせる事をお奨めします。
また、台の上に和風のクロスをひいて価値観のUPも必要かと・・

でも、土の器さんなら・・・そんな事は実践済みですね。。
偉そうな意見。。。申し訳ございません。

投稿: 独裸絵悶 | 2007年1月31日 (水) 05時35分

その答えは、自分の作品を使って見る事で
色々な事が見えてくるのではと思います。
頭で考えるより、目や手が教えてくれるのでは?

器に料理を載せて、食べて見る!
器を食洗器や、手洗いして見る!
他の使用方法を、試して見る!
普段使いの器という方向なのだから毎日使って
強度や収納や使い回しのアイデアを、提供しないとね。

お客様の目は、超えていますから作者が自信を
持って、説明しなければなかなか説得して
購入までには、至らないのです。

器の作れない私が、言うのもおかしいですが・・・
一番近くで見ている私からの、エールです!

投稿: 諏訪恵 | 2007年1月31日 (水) 05時55分

何故その器が売れなかったのかは、実物を見ていないので、何とも言えませんが、私が普段料理を作り、それを盛り付ける際に、いつも思うのが、小さい器は使いにくいという事です。

食事は毎食の事なので、できればお皿を洗う労力は、少しでも減らしたい。そして、できれば作ったものが見栄え良く見えればなお良い。

というわけで、大き目のお皿を使う頻度の方が、高いです。(一枚のお皿に、色々と盛り付けられるから・・・。)

今欲しいのはスープ皿です。ポタージュスープとかを入れられるような。

土の器工房さんの器で、今一番使用頻度が高いのは、フリーカップです。ちょっと大きめで、コーヒーとかいっぱい入りますから、何倍もおかわりしなくていい。

生活パターンや、家族構成、食事を食べる量等によって、必要な器はそれぞれに違ってくると思います。私の希望としては、もうちょっと全体的に、器が大きめだったら嬉しいな♪

投稿: ひぐらし | 2007年1月31日 (水) 08時55分

今回は時間がなくいけませんでした。
そごうの物産展のように参加する場合でしたら、食べ物を出している店に交渉して、試食品をのせてもらうというのはどうでしょうか。
食器により食べ物は引き立つ、盛り付けにより食器は引き立つ。という感じがしますね。楕円の中鉢に焼きプリンと蒲刈産イチゴ、が乗っていてクリームがちょっと。うまそうにみえますがね。
白いのは、イチゴ大福なんか載せてもらうといいですかね。
その横に、粋な茶碗に緑茶が入ってるのはどうでしょうか。

投稿: 金星 | 2007年1月31日 (水) 10時26分

色もイイし、形もイイ~
欲しいな~っとも思うけど…
値段が高いです~(笑)
っと言うのは…このお皿ならセットで欲しいからです。
四方皿なら3枚~5枚
中鉢なら2枚~
で四方皿と中鉢のサイズ別で2セット~など
って考えますと…総額が高くなりますでしょう(笑)
足が付いてるのも見ないと解らないですが
洗いづらいかも~って考えます
気に入った大皿なら5千円出せるのに
四方皿5枚に5千円は出せない主婦の意見でした~

投稿: 満天 | 2007年1月31日 (水) 14時46分

>独裸絵悶さんへ

今回は、皆さんから貴重なご意見を頂きました。
本当にありがたいと思ってます。

手作り作品はどうしても値段が高めになります。
これでも、相当安くしているのですが。
100円ショップのようにはいきません。。。

でも、
このご時勢、
手作りだから、高くても仕方ないね、
なんて事は通用しないみたいですね~。

手作りといっても普段使いの器です。
高級感は出せません(^^;)
それに、限られたスペース、
何が売れるか分からないので、いろんな種類の物を置きたいのです~。

要するに、
中途半端な値段は、キケンという事なんでしょうね。
徹底的に高級な物を作るか、
徹底的に安価な物を作る。
キビシイ選択を迫られそうです。。。

丸本雅明

投稿: 独裸絵悶さんへ | 2007年1月31日 (水) 21時47分

>諏訪恵さんへ

応援ありがとうだす。

使い勝手や、使い方はそれなりに研究しているつもり。
ただねぇ、
その説明が、へたくそなの。
その辺は諏訪恵さんも良くご存知のはず。
会話スクールでもいってみようかねぇ。。。
って、お金がない。。。(^^;)

丸本雅明

投稿: 諏訪恵さんへ | 2007年1月31日 (水) 21時53分

>ひぐらしさんへ

器の大きさ、
これが、人により、千差万別なのです。
ご飯茶碗ひとつとっても、
もう少し大きければ、あるいはもう少し小さければ。
って、どんな大きさの物を作っても言われてしまいます。。。
なので、最近はあまり個々の大きさに、こだわらない事にしています。
その中で気に入ってもらえる大きさが見つけて頂くと、ありがたいなと、思う次第です。

あ、でも、
大き目の器がいいという話は、よく聞きます。
多分、プレートタイプの物がいいのかなぁ。
これは作ってみたいと思っているアイテムです♪

丸本雅明

投稿: ひぐらしさんへ | 2007年1月31日 (水) 22時08分

>金星さんへ

今回は
博美屋さんの生菓子をお借りして、私の器に載せてみました。
いい感じでしたよ。

今後も、
乗せていい感じのものがあれば、借りて、乗せてみたいとは思ってます♪

丸本雅明

投稿: 金星さんへ | 2007年1月31日 (水) 22時18分

>満天さんへ

やはり、値段ですかね。
でも、これ結構、ギリギリなんですよね~。
これ以上安くとなると辛い物があるのですが・・・。
販売手数料払わなくて済むなら、もう少し安くは出来るでしょうが。。。

でも、それは作り手の都合。
満天さんの言われる事、分かるんですよ。
そんな感じのこといわれたこと、何度かあります。
今の時代、手作りだからといって、高くていいとは思いません。
もう少し、企業努力、してみる事にしましょう♪

丸本雅明

投稿: 満天さんへ | 2007年1月31日 (水) 22時25分

昨日から少しどきどきしながら
この記事とコメントの行方を見守っていました~。
商品としての作品と、「作品」として目指す作品と、
バランスよく保っていけるようになるといいですね。
なんて分かった風なことを言ってみたり…。
こちらは米屋ですが、同じような悩みがあります。
お互い切磋琢磨の暗中模索、がんばりましょうね。

投稿: のら | 2007年1月31日 (水) 23時12分

>のらさんへ

どきどいしましたか?
私もです(^^)

商品と作品。
ある方は作品とは自己満足のもの、商品はお客さんが満足する物だといってました。
納得いきません。(^^;)
お客さんが満足する作品でありたいと思うのですが。。。
難しいですね。

丸本雅明

投稿: のらさんへ | 2007年2月 1日 (木) 21時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137890/13720883

この記事へのトラックバック一覧です: 期待と現実、そしてその分析:

« 商いは難し。 | トップページ | もう、咲きました »