« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月30日 (木)

窯は・・・ 続編

Dscf2573

まっ黄色のイチョウの葉。
なんだか、
葉っぱが輝いているように見えます。

これでは全体がわかりませんね。
この木は近所のスーパーの裏の方に一本だけある
大きなイチョウの木。

Dscf2578

そこだけとっても明るいです。

 
  

さて、
重症の窯。

本日部品を調達し、修理しました。
一日がかりで、先ほど終了。
へとへとです~。

まず、
バーナーは、
結局、鋳物の部分は交換です。

Dscf2564 Dscf2579

左は交換前、右は交換後のテスト点火。
この2枚だけ見ると、バーナー部を交換しただけに見えますが
これがなかなかどうして、
バーナーの形は少し違うし、
一部、部品を手作りしたりで大変でした。

それが済むと
窯の火口の修理。

Dscf2524 Dscf2590

左は修理前、右は修理後。
(見れば分かるか。。。)
修理後の写真、ピンボケなのはカンベンしてください、疲れてます。
また、モルタルがはみ出しているのも・・・、素人ですから。

これもカンタンにレンガお入れ替えているように見えますが
とんでもありません。
まず、古いレンガを取り除くのに一苦労、なかなかはがれません。
また、新しいレンガの穴、これヤスリで削り出し。
寸法確認しながらやって、穴あけ作業は3時間!
ぐったり・・・。

肝心な費用について、
これが、結構安く済みました♪

西条陶業さんにあった予備部品を安くしてもらったり、
中古部品をもらったりで、結局2万円くらいかな。
まともに純正部品を使うと8万円くらい掛かったと思います。。。
また、作業を自分でせず、お願いするともっと掛かってたでしょうね。

作業工程、
ここで説明すると、とんでもない事になるので、しませんでしたが、
いい経験だったので、近いうちにホームページ上で公開したいと思います。
興味ある方はどうぞ!

 

って、
今日はまじめな記事でした。。。

つ、疲れてます、猫写真はまた今度~・・・。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年11月28日 (火)

窯は・・・

Dscf2507_1

すっかり赤くなった葉っぱ、
秋深し~ですね。

昨日はイベント疲れで
だらりだらり。。。
とはいっても、午前中は
NPO法人 CILピアズでの陶芸教室。
疲れを隠し、一生懸命働きます~。

 

さて、本日は
危機状態になってる窯のバーナーを
恐る恐る外してみました。

Dscf2525

口金はすでにボロボロ。
その上、バーナーの口自体もすでに劣化している模様、
かなり重症のようです。。。
バーナーの鋳物の部分はすべて交換かなぁ(涙)

しかも!!
分解して置いておいた、もろい断熱板をね
お散歩中のトリが、くちばしで ツン! と突いて砕いてしまいました。
オー・マイ・ゴッ~ト!!
ち、力がぁ・・・・、抜けまいました。
怒るに怒れない、
トリに怒っても仕方が無い、馬耳東風、
いや、鶏耳東風か・・・・。

今回の件を相談している陶芸材料屋さん(西条陶業)の方は
明日まで出張。
あさってバーナーを持ち込んで判断してもらいます。
部品が揃うのにどれ位の時間がかかるか不安。
果たして、いつ窯は復活するのでしょうか・・・。

あ、
そういえば、
12月9日(土)、どっかでイベントがあったような、
窯の修理、間にあうのかしらん。。。

 

おまけ。

 

Sdscf2419

平然なハナと憮然とするシマ。
やはり、トリの猫は仲良くなれないようです。。。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年11月26日 (日)

はかなくも、激しく

Dscf2451_1

ええとこ祭り2日目。
朝から雨でございます。

降ったりやんだりではありますが、
おおむね、雨模様。
でも、お客さんは思ったよりはありました。
ビックリ!です。
私の売上はそれほどありませんが
雨にしては、上出来、良しとします。。。

さて、
天気は雨とあって、
ステージイベントは屋内でありました。

今年も大塚神楽団さんによる神楽があり、
売れない私は店番を諏訪恵さんに任せ、神楽鑑賞。
(諏訪恵さん、すみませぬ。)

昨年のええとこ祭りの記事でも書きましたが
広島の神楽はとっても楽しいです。
あのお囃子を聞くだけでワクワクしてきます。

悪役の鬼、かっこいいなぁ~。
はかなく散っていくけど、
激しくその存在感を示すその姿、ちょっとあこがれます。
そんな人生が送れたら、などと思ったりもします。
(あ、でも、退治されて死ぬのは哀しい。。。)

その頃、
雨の降る会場では
安浦町のキャラクター『小天狗 がんぼう君』が
寒そうにみんなに愛想を振りまいていました・・・。

Sdscf2485

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2006年11月25日 (土)

祭りは楽しむもの

さて、
(って、いきなりこの出だし、どうなの!?)
いつまでも哀しい記事をトップに据えておくのは、
良くないのですが、
なかなか書けませんでした。

トリの事があまりにも哀しいから
というわけではなく
書く話題が・・・。

などという、言い訳はほっといて、

本日は『安浦ええとこ祭り』第1日目。

Sdscf2421

今年も諏訪恵さんと一緒に出店。

今年の会場周りには駐車場が無いという事で、
お客さんのいりはどうなるかと思いましたが
なかなかどうして、思ったよりはありました。

で、
私の売上はどうかというと、
散々です。
理由は至極簡単、
作品数がとっても少ないからです。
昨年の4分の1以下くらいかなぁ。。。
作品数が少ないと、やはり売れません。

安浦ええとこ祭りでは陶器販売している所が
他にも何店かあります。
大体は超特価の投売り店ばかりです。

昨年はそれらの店に負けないくらい売ったのですが
今年はね、これまでのイベント疲れが出たのか
作れず、惨敗です。。。

ま、言い訳です。
聞き流してください。

という事で、
今年は祭りを楽しむ事に専念。
色んな物を買っては食べてます。
(ヤケ食いという、ウワサあり・・・)

明日は雨の予報。
お客さんも少なそうなので、
また、食べ歩きでもしますか。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年11月22日 (水)

大切な家族

私たち夫婦には子供がおりません。
それ故、猫やトリ達は家族同然です。
特にトリ達は生まれたばかりのヒナの時から
かみさんが愛情こめて育ててきました。

朝早くから、夕方トリ達が眠りにつくまで間
あれやこれやと面倒を見ているので
その突然の死は、大変な悲しみです。
しかも一日に2羽も失うと・・・。

 
 

一羽は以前よりこのブログで心配をかけていたアロ。
ここ数日食欲も出て、これから元気になっていくかなと
思っていた矢先でした。
かみさんがほんの少し目を離してた間に、
吐血し倒れていました。

もう一羽はマロン。
一番人懐っこく、かみさんのお気に入りでもありました。
それがここ数日、風邪でもひいたのか呼吸が苦しそうでした。
昨日辺りから、良くなってきたと思っていたのに
今日、容態が急変し、医者で抗生物質を注射してもらった甲斐もなく
最後は、かみさんの手の中で目を閉じたのです。


  

2羽ともまだ卵も産んだ事のないアロウカナという種類ですが、
さすがに2羽も一度に死ぬと、心配になります。
そう、『鳥インフルエンザ』。

早速、県の担当部署に電話し症状等を説明。
担当者は鳥インフルエンザではないでしょうとの事。
まずは一安心。

 
 

暮れ行く中、
アロとマロンは埋められました。
2羽は向き合うようにして置かれ、
その口元には好物のゆで卵と、いつものご飯が手向けられました。
他のアロウカナたちに見送られながら、
2羽は土の布団を手厚く掛けられたのでした。

 

時折台所より聞こえてくる、
かみさんの嘆く声、
当分は重く我家の中で響くのでしょう。

 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年11月19日 (日)

今日も雨

今日は
降ったりやんだりの一日、
湿度も上がり、乾燥ぎみでバリバリの手が少ししっとり・・・
(土いじりをするとね、手の水分が奪われるのです~) 

 

昨日、
バーナーが崩壊しないかヒヤヒヤしながら焚いた作品から。

Sdscf2319

焼〆の一輪挿しです。
最近、私の焼〆が変わってきました。
以前は黒っぽいのが多かったのですが、
最近はこんな感じで少し明るめで、赤め。

色が明るめなのは、さやを密閉せず、
炭と作品が入った箱(さや)に炎が通るようにし為。
赤色が強いのは『かきの殻』を一緒に入れて焼いたからです。
殻から塩分が出て、赤色になるのです。

ま、こんな感じもいいかなぁ。
って、本当はこのごろ、黒っぽいのに飽きたのだった。。。

 

所で、
本日やっと我家は石油ファンヒータを出しました。
すると早速猫たちが集まります。

Sdscf2312

シマはファンヒータの上がお気に入り。
テンが怖くても、ガマンします。
寒さには勝てないのだった。。。

 

余談。

先日、お友達の諏訪恵さんがインターネットに接続したと
書きましたが、
本日、ついにブログを始めました。
その名も『諏訪恵~楽チン★焼物人生
陶芸は楽チンでもパソコンは苦難のようですが。。。
ま、陶人形や、諏訪恵さんに興味ある方は見てください。
(今の所、ブログ上の写真は私が撮った物が多いですが。。。)





| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年11月18日 (土)

いろいろと壊れていきます

今日は朝まら曇っていて、
昼過ぎから雨になりました。

おかげで気温が上がらず、寒い一日。
我家は本格的な暖房体制が出来ていないので
家の中は寒々としています。
猫たちも暖かい所を探して右往左往。

私は窯焚きをしていたのですが、
例によって寒がりのシマが、やってきました。

Dscf2302

暑いと思うのですが、そこは。。。
私はシマがやけどしないかヒヤヒヤしております。
今年もまたそんな事を心配する季節がやってきたんですねぇ・・・。

と、
何気なく窯の下を覗き込むと、
大変な物を目にしてしまいました。

Dscf2303

バーナーと窯の接合部。
写真を拡大すると分かると思いますが、口金がね、
膨張してバリバリですよ、今にも崩壊しそう!

これ、結構ヤバそうです。
多分、耐火煉瓦と口金、バーナーが融着してます。
早く修理した方がよさそうですが、お金と時間が。。。
(え?ひょっとしてバーナー買い替え?カンベンしてよ~)

 

もう一つ悲劇。

今日、釉薬を使い終わって
釉薬の濃度を測る、ボーメ比重計を洗っていたら
先のおもりが入った球の部分が壊れてしまいました。。。

Dscf2293

衝撃を加えたつもりはないのですが、はらはらとはじけてしまいました。
寿命ですかね。
そういえば、釉薬を攪拌するためのドリルも壊れたまんまだし。。。

んにゃゃゃゃぁぁぁぁぁ・・・
(あ、私も壊れた・・・)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年11月17日 (金)

気分は・・・

最近は
朝晩はめっぽう寒くなりました。

家では、
まだほとんど暖房などせず我慢してますが
工房では石油ファンヒータがフル稼働です。
(作品の早期乾燥も目的ではありますが)

そのファンヒーターの存在に
気づいたヤツがおります。

そう、暖かいところが好きなシマ。
工房に入るなり、ファンヒータの前に陣取ります。

Dscf2277

仕方ないので座布団をもってきてやると
早速気持ちよさそうに寝てました。
春まで、ここがシマの指定席になりそうです。。。

 

所で
作品作り、
思うように行きません。

昨日作ったご飯茶碗6枚。
白化粧掛けをしたら、すべて何処かしら、亀裂が入りました。

廃棄です。。。
薄く作るために、結構時間かかっているのですが、
すべて失敗してしまうと、さすがに力が抜けます。

 

と言う事で
気分転換に散歩、
途中で猫を見つけました。

Dscf2281

何処かで見たような・・・
思い出しました!

以前の記事で紹介した
イカツイ三兄弟の一番後ろにいた子だった

大きくなってねぇ。
他の兄弟は元気なのだろうか・・・。

などと
猫のことを考えていると
気分も回復したノーテンキな私でした。。。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年11月15日 (水)

夜明け前

Dscf2236_1

午前6時ごろです。
最近は日が昇るのが遅くなりました。
空にはまだ月が強い光を放っています。

しかし、
我家の前にあるこのススキ、
いつまでも元気です、不思議・・・。

温かい日差しの中
シマの今日の日向ぼっこは
こんなスタイル。

Dscf2244

ちりとりの中です。
身体のはまり具合が、ちょうどいいんでしょうね。

そういえば、
最近は寒いので、猫たちは私たちの布団の中に入ってきます。
テンはかみさんの布団で、
シマは私の布団の中で寝ます。

私は寝るとき横をむいて、足をくの字にして寝るのですが
シマはそのくの字の内側に身体を入れて寝ます。
やはり、はまり具合がいいでしょうね。
猫は狭いところがお好きなようで・・・。

本日はこれにて。
(逃)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年11月13日 (月)

晩秋の田んぼで

Dscf2223_1

つい先日まで
いつになったら秋が深まるのかと
心配しておりましたが、
いきなり晩秋になった感じがします。

田んぼでは
寂しそうに小さな稲穂が、
風に揺れていました。

 
 

本日は
午前中、NPO法人 CILピアズで陶芸教室。
イベント疲れがとれない中、
陶芸教室は体力を消耗しますが、
楽しみにしている人もいるので、頑張って行いました。
みんなそれなりに作品が作れて、一安心。

午後は
結局はいろいろな雑務に、ぶくぶくとおぼれておりました。

最近は
陶芸をする人もインターネットは必需品のようです。。
自己主張アピールの場として、欠かす事は出来なくなってきています。
そういう私もその一人なのですが・・・。

で、
私の友人、陶人形作家の諏訪恵さんもついにインターネットに接続しました。
彼女は、はっきり言ってパソコンオンチです。
それでもパソコンの必要性は感じているようで
使えるように努力はしているようです。

でも、
パソコンはまだまだ素人には優しくありません。
『設定』は最初の最大の難関であり、鬼門。
ここでつまずく人多いですよね。
また、イレギュラーな事が起こると、どうしてよいのか分からなくなります。

。。。何を長々書いているのか。。。
結局は素人はさじを投げ、分かる人間を呼び出すのです。
そう、呼び出された人は私です。。。

パソコンに興味があると、それなりに『感』がつきます(パソ歴25年)
けれど興味がない人は、なん年パソコン使っていても『感』はつきません。
っていうか『感』を必要とする物は敷居が高く、とっつきにくいです。

いつになったらパソコンはテレビ並みになるのですかねぇ。。
あ、別に呼び出されたことに不満を覚えているのではなく、
素直に、パソコンの未熟さを感じた、秋の夕暮れだったのです。

はい、つまらない独り言でした。
(実は、書く話題に窮した苦し紛れだったりする。。。)

 
 

最後に、
散歩道で見つけた物。

パソコンは古くなると使い物になりませんが
こういった物は古くなればなるほど
風格と、畏敬を覚えるのは私だけでしょうか。

Dscf2214

中にはちゃんとしたトラクターが格納され、小屋として機能しています。
使い込めるものっていいですよね。
私もそういった食器が作りたいな。

って、最後に無理やり陶芸の話に持ち込み、
逃げるのだった。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月12日 (日)

陽だまりと猫と干し柿と

Dscf2212

今日は天気は良かったようですが
風が冷たく、寒い一日でした。

呉で行われたイベントの帰り
車中より、バックミラー越しに写した、呉の夕焼け。
行楽の帰り道、家路を急ぐ車の行列。
思い出をポケットに詰め込んだ子供たち、
後部座席で すやすや夢の中かな。

今日は
『くれ食の祭典フリーマーケット』2日目。
天気も回復してお客さんの出は良かったようです。

この『くれ食の祭典のフリーマーケット』はよく売れます。
でもフリーマーケットです。
まともな物は売れません。
私もB級品、C級品を売ります。

が、
今回はB級品C級品がこれまでのイベントで売りつくして
ほとんどありません。

致し方なく、
焼き上げたばかりの、以前紹介したイノシシのプロトタイプ(試作品)を
評価も兼ね、もって行ってみる事に、値段は正規予定価格で。
(焼き上がったイノシシの写真、撮り忘れました~、すみません)

売れるものですね。
この時期から干支は皆さん欲しいようです。
他のフリマ商品から比べれば、高めの値段でも買っていきます。
もって行った9セットすべて売れました♪
おかげである程度の売上を確保できました。。。

今回のイノシシ、ウケも良いようです。
と言う事で、少しだけ改良をして本格生産を開始します~。

2日に渡ったイベント、疲れましたが、
2週間後、地元安浦町での『安浦ええとこ祭り』があります。
今年最後の大きなイベントです。 
頑張って作品作りしなくっちゃ・・・。


  

おまけ。

今日の記事のタイトルとなった写真です。

Dscf2131

穏やかな秋の日の昼下がりです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年11月11日 (土)

久しぶりの雨

昨夜、
久しぶりに雨が降りました。
しかも、雷を伴って、かなり激しく。

ちょうど窯を焚いていたので、心配でした。
灯油窯といえど、電磁ポンプや送風機がついているので
停電になると、とまってしまいます。

以前、1000度辺りで停電となったことがあり、
数分して停電から復旧した物の、
窯の再点火、及び温度を再上昇させるのに苦労した事があります。
ま、今回は何とか停電は免れて一安心・・・。

 

さて、
前置きが長くなりましたが。。。
本日は呉市中通り商店街、通称レンガ通りで行われた
くれ食の祭典フリーマーケット』1日目でした。

Dscf2209

昨年に引き続き、二度目の出店。
昨年は、まあまあでしたが、今年は厳しそうです。
それでも幾ばくかの現金収入、
貧乏人には贅沢は言えません。。。

そういえば、何人かのお客さんから
『テレビに出とったねー』
と言っていただきました。
少しですが、知名度は上がったようです♪

今日は雨で人通りは少なめでしたが
明日は曇りの予報、果たしてどうなりますやら。。。

 
 

おまけ。

昨日の我家のトリ達。

トリ達は砂浴びが大好きです。

Dscf2181

で、今回トリ達が砂浴びをしているのは、ジャガイモを植えてある場所。
散々ほじくり返したようで、
ジャガイモの芽はほとんど出ず、出ても葉っぱは食い荒らされてます。

今年の秋の我家のジャガイモはほとんど収穫は期待できません。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月 8日 (水)

南に島へ

Dscf2161

透き通るブルーの海、そして綺麗な砂浜、
気分転換に南の島へ、遊びに行ってきました。

って、うそです。
山口県の周防大島へ、日帰りの視察(?)です。

目的は
安浦町で、『地域新聞』を作ろうという話が出てきて、
地域新聞的フリーペーハー発行を先進的に行っている
周防大島へ行ってみる事に。

メンバーは市議会議員、商工会指導員、まちづくり協議会メンバー
そして、私の4人。
なんか、私だけ場違いな気が。。。
ま、成り行きなので、ついて行きました。

お会いしたのは
『島スタイル』というフリーペーパーを発行している大野圭司さん

Dscf2158_1Dscf2166_1

28歳とお若いのですが、自分で事業を起こし、
大好きな周防大島を応援するためのフリーペーパーを
発行されています。

やはり、何かを一生懸命している人というのはパワーを感じます。
そしてやるからには、中途半端ではいけないという事を学びました。

新しいことを始めるのは大変です。
行政や、商工会は何かをやったという『実績』が残れば
満足かもしれませんが、
実際にそれが役に立たなければ意味がないし、
定着して長続きしないと、無駄になってしまいます。

これは大変な仕事です。
果たして、この事業がここ安浦町で本当に立ち上がるのか
ちと、不安を感じてしまいますが・・・。

ま、ここ数日、
心身ともに萎え気味の私的には有意義でした。
ちょっと小旅行気分♪
頑張っている人にも会え、エネルギーを分けてもらった感じもします。


 

おまけ。

今朝のシマ。

Dscf2154

寒くなってくると、日差しの暖かさが心地よいです。
朝日を浴び、充電をするシマ。
これからの季節、我家の風物詩(?)です。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年11月 5日 (日)

今日は満月なのですが

Dscf2103

秋も深まってきて、
いまさら中秋の名月でもないのですが
雰囲気のある写真でもと思ってみたものの。

御覧の通り、月がね、かすんでいます。
日ごろの行い、ってやつでしょうかね。。。

 

そう、
日ごろの行いが悪いのか、
ここ二日ばかり、ダウンです。
どうも調子が良くありません。

多分、
食べ過ぎのうえ、運動不足なのが良くないのでしょう。
血糖値が上がっているのでしょうね。。。

 

そんなわけで、
という事ではないのですが、
最近はうちのかみさん特製の酢卵(すらん、又はすたまご)
を飲まされております。
酢卵については以前の記事で紹介しましたが、
烏骨鶏の卵から作る、薬みたいな物です。

今作っているのは、黒酢を使っているので、
見るからに、まずそうです。

Dscf2108

いや、本当に不味いのです。
酢が主成分ですから、飲みにくいの何の、
むせ返るのです。。。

しかし
かみさんは許してくれません。
このブログの読者ならご存知だと思いますが、
飲まなかったら、キビシイ口調で攻め立てられます。
(あ、ヤバイ、また怒りのコメントが入りそうな。。。かんにん)

ま、
これもひとえに私の体の事を思ってくれてのこと、
と感謝して、飲みましょう。
(フォロー・・・)

って、
すみません、
他愛のない漫才記事で。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月 3日 (金)

干し柿とトリとねこ、と お掃除

Dscf2018

昨日作った干し柿は
工房の軒先に吊るされました。
ん~、
田舎屋の雰囲気がでていいんじゃない。

この渋柿、結構大きいですよ。
全部で26個こ柿が干されています。
果たして、いくつ食べられるでしょうかね。
楽しみです♪


今日も暖かな一日。
元気のなかったアロも少しずつ、回復してきているようです。

Dscf2047

今朝はかみさんと一緒に、家の前の畑でお散歩。
動きはまだよたよたしていますが
積極的に草などをついばんでいました。
少し安心・・・。

この暖かさに誘われて
シマも外で日向ぼっこ。

Dscf2048

とっても気持ちよさそうなのだった。

 

私は、
お昼からお家の掃除。
最近サボっていたので、大変な事になっていたのだった。
我家は二人で住むには広いので、
少々散らかしても、生活に支障は出ません。
だから余計散らかる、そうなると掃除片づけが、おっくうになる。
。。。悪循環です。

でも、
明日はお客様があります。
掃除・片づけをしないわけにはいきません。
必死でやりました。
半日かかりました。。。

毎日お客さんがあると、
おうちが綺麗に保てるのになぁ、
と思ってしう自分。

あ、
我家に訪れた訪れた事のあるに方、
白状します。
ご訪問直前まで、ドタバタときれいにしてました。
おかげで、当分は保てました、
感謝してます~。

。。。って、これってどーよ?!

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006年11月 2日 (木)

秋の風物詩に挑戦

今日もポカポカ、
いい日和でした。

そんな暖かなお昼前、
かみさんが稲わらを使って、縄をなってました。

Dscf1989

慣れたもんです。
さすが、田舎育ちだけの事はあります。
足の指の間に挟んで、手をすり合わせ、
しゅるしゅると、なって行きます。

で、
何に使うかというと、
これ、干し柿作りでした。

Dscf1996

先日、親戚からもらった渋柿の皮を剥いて、
よった縄の間に挟みこみこみます。

いつも失敗ばかりしている我家の干し柿作り、
果たして今年はどうでしょうかね・・・。

 
 

所で、
今日の私は作品作り。

その中から、
以前作って好評だったデザイン器、
今度は土を変え、もっとシンプルにしてみようと考えてます。

Dscf2007

でも、これ、
形が形だけに、焼いた時、ねじれやすいのです。
果たして今回はどうなる事でしょう・・・。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006年11月 1日 (水)

そろそろ、そう言う季節

Dscf1970

今日も
穏やかで暖かな一日。
10月上旬並みの穏やかさだとか。

それでも
朝は寒かったですね。
やっと、秋も深まりそう、
なのだろうか。。。

シマは
相変わらず、展示室窓際の座布団の上で、
気持ちよさそう。
羨ましなぁ、といつも思うけど、
その表情に癒されるのだった。

 

気がつけば、11月。
そういえば、そろそろ、
干支を作らなきゃ。

って、遅い?
遅いよねぇ。。。
早い人はすでに完成してるよ。

そんな訳で、
今日はあれこれ試行錯誤しながら、
干支のイノシシを作成してみる。

とりあえず、
プロトタイプ完成。

Dscf1972

うりぼう(イノシシの子供)付!
ん~、
まだなんか、改良した方がよいか?

とりあえず、
作りながら考えてみます。
果たして、焼きあがったらどうなるかな、
本人にも想像つきません・・・。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »