« 春はすぐそこ | トップページ | カッツって何? »

2006年3月 6日 (月)

雨降りの一日

今日は朝から一日雨でした。
少し、寒さが身にしみました。

この一週間、結構ハードでした。
登り窯の窯焚き、鞆の浦、登り窯の窯出し。
それぞれに、長時間運転、徹夜、早朝起床があり、
疲れがたまっていました。
疲労回復と称し、午前中はコタツでゴロゴロ。

午後、
商工会に行き、
1月の『わがまちくれの物産展』の売上を頂く。
ほんの少し、懐が暖かくなりました。
また、『グリンピアせとうち』のオープン記念のイベントのお話がありました。
ありがたい事です。
お呼びがかかれば、何処へでもはせ参じます♪

 

そんなわけで、
今日は大した話題がありません。
そんな時は、これ、
秘蔵写真から。

今日は、縄文杉編

finpix2_698
今から15年前、
まだ、屋久島が世界遺産に指定される遥か以前です。
見て分かる通り、私たちは縄文杉に触れる事が出来ました。
今は近づく事も出来ません、私たちはラッキーだったのです。
往復8時間の山登り、そして目にした縄文杉、
一生の思い出です。

|

« 春はすぐそこ | トップページ | カッツって何? »

コメント

屋久島。
九州の最高峰です。
でも、九州生まれの私は拝んだ事さえありません。
山頂には雪さえ積もるそうです。
でも、海岸が亜熱帯気候。
そして、樹海には縄文の時代からの大木が・・・

羨ましい所に旅行されてますね。

投稿: 独裸絵悶 | 2006年3月 6日 (月) 22時32分

行きたくて・・行きたくて・・・

でも、未踏の地なのです。
もっと手前で引っかかっているyuraです。

投稿: yurarin | 2006年3月 6日 (月) 23時34分

はじめまして、ながつきです。
ココログで「陶芸」で検索して、このブログにたどりつきました。
本格的な工房、鞆町の話など、興味深く読ませていただきました。
私もいつかはこんな工房を持ちたいなんて思ったりしていますが、いつになることやら・・・。

縄文杉、立派ですね。
さすが自然は偉大です。

投稿: ながつき | 2006年3月 7日 (火) 10時15分

>独裸絵悶さんへ

屋久島はよく雨が降るのですが、私たちが滞在した1週間は雨降りませんでした。
日ごろの行いですな(^^;)

まぁ、若い頃はあちこちと行きました(^^)

丸本雅明


投稿: 独裸絵悶さんへ | 2006年3月 7日 (火) 12時38分

>yurarinさんへ

もう、縄文杉には触る事は出来ませんが、
是非行ってみてください。
心洗われますよ。
あ、でもその前に体力つけておいてくださいね。
山登り、結構きついです

丸本雅明

投稿: yurarinさんへ | 2006年3月 7日 (火) 12時41分

>ながつきさんへ

はじめまして♪

環境は整いつつありますが、肝心の作品がいまひとつ(^^;)
まぁ、ゆっくりと頑張っていきます。

これからもよろしくお願いします。

丸本雅明

投稿: ながつきさんへ | 2006年3月 7日 (火) 12時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137890/8975158

この記事へのトラックバック一覧です: 雨降りの一日:

« 春はすぐそこ | トップページ | カッツって何? »