« 鞆町並みひな祭り | トップページ | 雨降りの一日 »

2006年3月 5日 (日)

春はすぐそこ

朝はとっても寒かったですが、
日が昇るとともに気温は上昇して、暖かな一日となりました。

今朝は5時に起きて、
先日窯焚きを手伝った登り窯のある高宮町に。
窯出しです。
そう、通常では信じられない速さでの窯出しです・・・。
で、その中は、
こんな感じ。
Dscf1658
まきを投げ入れる、大口の作品です。
灰をかぶって、いい雰囲気です。
でも友人の顔は曇ってます。
全体を見ると、あまり良くなかったようです。
薪窯はねぇ、ホントどうなるか分かりませんから・・・・。

 

で、午後は広島市内に。
別の友人の作品展会場。
今日が最終日でした。
なかなか、厳しいとのこと・・・・。

 

ん~、陶芸仲間の近況を見てみると、
あんまり、パッとしませんねぇ。
季節はもうすぐ春。
みんな、前を向いて、明るく、明るく!

 

で、
今日のかみさん。
Dscf1660
畑の隅で、ごぞごぞと。
自然薯(じねんじょ)の実、『むかご』を植えてました。

しばらく殺風景だった我家の畑、
春の訪れとともに、にぎやかになっていきそうです。

|

« 鞆町並みひな祭り | トップページ | 雨降りの一日 »

コメント

自然薯・むかご・・食べたい~~

今日、私も近所を散歩。
確実に春が、そこまで来てますね。

投稿: 独裸絵悶 | 2006年3月 5日 (日) 21時30分

わたしも、むかご食べたい~♪

投稿: yurarin | 2006年3月 5日 (日) 22時21分

>独裸絵悶さんへ

自然薯、健康にいいそうですね。
かみさんはこれにはまってます。
むかご、我家はむかごご飯しかしません。

そう、花粉もすぐそこまで来てます。
目がむずむずしてきました。

丸本雅明

投稿: 独裸絵悶さんへ | 2006年3月 6日 (月) 21時49分

>yurarinさんへ

yurarinさんだったら『むかご』、どんな料理をするのでしょう??

丸本雅明

投稿: yurarinさんへ | 2006年3月 6日 (月) 21時50分

うっ・・・いたたた・・・

素揚げに塩です。。

投稿: yurarin | 2006年3月 6日 (月) 23時33分

窯の中の写真をみて「すごい!」と思ったけれど、
それでも「友人の顔は曇ってます」ですか・・・。
自然の薪窯は、本当に難しいんですね。

私も「前を向いて、明るく、明るく!」いきたい気分です。

投稿: ながつき | 2006年3月 7日 (火) 10時19分

ほんと、大作ですね~・・・(^^)
でも・・わたしはその後ろに並んでいる
抹茶碗?や壷?や水盤?皿?が
非常に気になってますよぉ~(^^)

むかごってなんだろうって思ったので、
IEで調べると、見たことありました(^^)
芋の蔓のついてるあの小さな小さな芋のことなんですね・・・(^^)

投稿: トムとジェリー | 2006年3月 7日 (火) 11時10分

>yurarinさんへ

素揚げですか、
なんか、お酒のお供に良さそうですね(^^)
今度やってみよう♪

丸本雅明

投稿: yurarinさんへ | 2006年3月 7日 (火) 12時25分

>ながつきさんへ

そうですね、薪窯は大変です。
でも思わぬいい結果が出る事もあり、
一種のばくちですね(^^;)

春です、気分明るく、いきたいですね♪

丸本雅明

投稿: ながつきさんへ | 2006年3月 7日 (火) 12時28分

>トムとジェリーさんへ

抹茶碗、花入れなど、いいなぁと思える物、結構ありましたよ。
私はお手伝いのお礼にと、灰をかぶっていい感じの湯のみもらいました(^^)

むかごはあまりメジャーな食材ではありませんからねぇ。
その分、田舎の素朴な味を感じる事が出来ます。

丸本雅明

投稿: トムとジェリーさんへ | 2006年3月 7日 (火) 12時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137890/8956245

この記事へのトラックバック一覧です: 春はすぐそこ:

« 鞆町並みひな祭り | トップページ | 雨降りの一日 »