« 秋深し | トップページ | 深秋の風景 »

2005年10月23日 (日)

生姜湯

生姜湯といってもお風呂のお話。
生姜をすって、その絞りこしたものをお風呂に入れるといいそうです。
ぽかぽか温まって、風の予防にいいとの事。
特に生姜が取れるこの季節が旬のようです。

なんでこんな話か、
事の発端は、我家の今日のお風呂。

お風呂に入ると、洗濯ネットがぷかぷか浮いている。
中には植物葉や茎の刻んだものが入っている。

『何、これ?』とかみさんに質問。
『生姜』
『何の効果があるん?』
『癒しがあるんよ』
『・・・・・・』

癒し効果??
あまりにも感覚的で、精神的効果。
しかも生姜そのものではなく、葉や茎。
疑問を抱いた私はネットで検索して、冒頭のお話となる。

かみさんは葉や茎でも効果があると言い張る。
まぁ、農業についてはあれこれ調べてウンチクのあるかみさんのこと。
『独自の調査と感覚』での判断なのだろう。
これ以上は追求しないこととします。

たぶん、我家で栽培し収穫した生姜の葉や茎を、
そのまま捨てるのがもったいないので利用した、というのが一番近い線かな。
真相はいかに??

|

« 秋深し | トップページ | 深秋の風景 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137890/6533448

この記事へのトラックバック一覧です: 生姜湯:

« 秋深し | トップページ | 深秋の風景 »