« 稲刈りが始まりました | トップページ | 化粧がけ »

2005年9月30日 (金)

私が陶芸を始めたのは

そういえば、まだ私が陶芸を始めた頃の事、お話してませんでしたね。
(え?別にどうでもいいって?、まぁ、そう言わずに・・・・)

私が陶芸を始めたのは今から8年前、35歳の時でした。
あの頃は広島市内のコンピュータ会社に勤めてました。
システムエンジニアとして、色んな業務を持ってました。
金融機関の資金決済システムや自治体の文教関連オンラインシステムなど
どれをとっても、大変責任の重い仕事でした。

平日、夜中に会社から『処理が異常終了した』と
電話で呼び出されることたびたび。
休日もポケベル鳴りっぱなし
(オーバーな表現かもしれませんが、気分的にはそんな感じ)

コンピュータは嫌いではありませんが、
仕事漬けの毎日で疲れきってました。

そんな時、会社の後輩の女の子が市の施設の陶芸教室に通ってて
以前から陶芸に興味があった私も申し込むことにしました。
その頃陶芸は人気があり、通うにも抽選でした。
運よく抽選に当たった私は、そこから人生が変わったのかもしれませんね。

後はただただ、のめり込みました。
(結構、熱しやすい性格です)
自分の作ったもので食事をする、なんか『かんどー』でしたね。
それまでの無機的なコンピュータの世界と違う
有機的な世界を感じました。
自然(食べ物)と私をつなぐ『』を作る。
生きるということに直結したその『道具』にたずさわる。
とってもすばらしいことに思えました。

その後いろいろありましたが、
(その辺の話はちと暗い話なので、中略・・・)
気がつくと、片田舎に家を買い、会社を辞めてました。

陶芸をする生活は、外目にはのどかに見えますが、
実は大変です、それで生活をしなければならないのですから。
何人もの陶芸家が売れずに『廃業』している中、
この世界に飛び込んだ私は、やはり愚か者なのでしょうね。

しかし、自分を信じて突き進むしかありません!!
乞う、ご期待!!

今後どんな人生をたどるか、その軌跡をこのブログで
お伝えすることが出来ればと思います。
(結末はハッピーエンドとは限らない・・・・・んですよね、これが・・・)

|

« 稲刈りが始まりました | トップページ | 化粧がけ »

コメント

そうでしたか。
私も同じ仕事をしておりました。

私もコンピュータは嫌いではありませんが、
同じ思いです。

でも、一度しかない人生ですから自分の信じる
方向に行けば、結果がどうであろうとも悔いは
残りにくいと思います。

今私は、何をすればいいのか迷っております。

投稿: どうかいの~ | 2005年10月 1日 (土) 01時30分

どうかいの~さんへ
コメントありがとうございます。
そうですね、悔いの残らない人生でありたいと思うのですが、将来にわたって生活が不安定なのも考え物です。
まぁ、ウチは子供もなく、かみさんも働いている夫婦二人きりの家庭なので、なんとかなるさ!と軽く考えてますが・・・・・。
でもかみさんは結構シビアに考えていて、
『さっさと陶芸やめて、まともに働きな!!』
と事あるごとに言われてます。(^^;)

投稿: どうかいの~さんへ | 2005年10月 1日 (土) 22時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137890/6188429

この記事へのトラックバック一覧です: 私が陶芸を始めたのは:

« 稲刈りが始まりました | トップページ | 化粧がけ »